長年、私は大企業向けに業務改革コンサルティングを行ってきました。

対象となる窓口は、営業部門、製造部門、経営企画部門など、業務部門が多いです。

しかし、業務改革を成功させるためには、もっと重要な位置付けの部門があります。

それは、”情報システム部門”です。

情報システム部門の役割

情報システム部門の人は、私のような業務サイドについているコンサルタントを毛嫌いしている人が多いです。

「システムの細かい話も知らないのに、改革だの改善だの、偉そうなことを言うな!」

という思いが潜在的にあるからだと思います。

もちろん、その意見は否定はしません。

「とりあえず、アドバイスだけしてコンサルティングは終わり。あとはシステム部門の仕事でしょ!」

という考え方のコンサルタントが多いのも事実です。

ただ、私は業務改革に情報システム部門の力は必要不可欠だと思っています。

私の経験上、情報システム部門の協力がなかったときに、成功した事例は非常に少ないからです。

私は情報システム部門の人には非常に気を使います。

というか、敬意を払っているつもりでいます。

私自身も、もともとシステムエンジニアだったため、情報システム部メンバーの気持ちは、なんとなく理解しているつもりです。

情報システム部門の仕事は大変です。

今までに構築された膨大なシステム資産を維持するために、複雑なシステムの保守・運用を休むことなく行い続ける必要があります。

その上に、トラブル対応や、新しいシステムの導入や、新しい技術の習得など、その負荷は莫大になっています。

その上、業務部門からすると、システムは正しく動いて当たり前という認識です。

何もトラブルが起こらなかったからといって、情報システム部門の評価が上がることはないのです。

業務側の要求に日々対応していかなければならず、その頻度によっては、非常に辛い仕事ではないかと思います。

情報システム部門の在り方

では、今後、情報システム部門はどのように活動を続けていけばよいのでしょうか。

私は下記の2点が重要だと考えています。

1)付加価値の低い業務はアウトソースすること
2)業務知識を増やしていくこと

まず、1)についてですが、情報システム部門の仕事は多岐に渡ります。

すべての仕事を抱え込んでいては、将来的に回らなくなるのは目に見えています。

単純な問い合わせ対応や、付加価値の低い作業については、アウトソースし、内部リソースは、内部リソースでないとできない仕事に集中すべきではないかと考えています。

2)についてですが、こちらは簡単そうで、とても重要なことだと思います。

業務側からすると、情報システム部門の人が業務内容を把握していないので、適切なシステム対応をしてくれない、と思っている人も多いです。

情報システム部門に、業務知識がないために、無駄な機能のパッケージを購入したり、追加開発することが多いのだと見られているのです。

情報システム部門の人が、営業や製造などの業務知識をよりつけていくと、業務側の気持ちや悩みが理解できるようになり、今まで以上に意思疎通が図れることになります。

我々コンサルタントも、情報システム部門が疲弊していく姿を見たいわけではありません。

今こそ、情報システム部門は、付加価値の低い業務はアウトソースし、捻出された時間を使って、最新技術動向や業務知識を固めていく必要があるのではないでしょうか。