どこの会社にも、仕事がとても早く、優秀な人がいます。

逆に、どれだけ残業しても、いい結果を残せない人もいます。

このちがいは、単純に、作業をこなすスピードの差からくるものなのでしょうか?

私は、その人の、優先順位づけの考え方にあるような気がしています。

重要度と緊急度

仕事の優先順位をつける場合、次の2軸で考えることが多いです。

(A)重要度
(B)緊急度

この2軸で考えると、仕事は次の4パターンに分類することができます。

①重要度=高い、緊急度=高い
②重要度=低い、緊急度=高い
③重要度=高い、緊急度=低い
④重要度=低い、緊急度=低い

仕事の優先順位

このうち、①の「重要かつ緊急な仕事」を優先的にこなす必要があることは、言うまでもありません。

④の「重要でも緊急でもない仕事」の優先順位を落とすことも、自明でしょう。

問題は、②の「重要ではないが緊急な仕事」と③の「緊急ではないが重要な仕事」のどちらを優先的にこなすかです。

私は、②よりも③、つまり「緊急ではないが重要な仕事」の優先順位を高めるほうがよいと考えています。

重要ではないけど、緊急の仕事を先に着手する人が多いかもしれません。

しかし、このような仕事は、よく精査してみると、必ずしも緊急ではないことが多いです。

一方、緊急ではないけど重要な仕事を後回しにしてしまうと、時間の経過とともに、いつの間にか、緊急かつ重要な仕事に変化してしまいます。

そうならないように、重要な仕事を先回りして完了させていくことが、プロジェクトマネジメント上は重要な要素になってきているような気がします。