2018年、春の甲子園決勝。

大阪桐蔭高校が、智弁和歌山高校を5対2で破って、優勝しました。

昨年に引き続き、大阪桐蔭は春の大会を連覇したことになります。

昨年の決勝戦の相手は同じ大阪の履正社高校でした。

まさに、大阪桐蔭高校の黄金時代です。

昨年も今年も2番手投手であった根尾君がまたしても胴上げ投手になっています。

これも、3年生メインとなる高校野球では、記録的なことだと思います。

とにかく、大阪は、高校野球がとても強いです。(一昔前は桑田・清原のPL学園が有名でしたね。)

次の夏は100回の記念大会ということで、大阪代表は2枠があります。

北大阪地区と南大阪地区に分かれるのですが、大阪桐蔭高校と履正社高校は、同じ北大阪地区に属することになり、同時に甲子園に出場することはなくなりました。

しかし、南地区にも、近大付、上宮、大阪偕星などの強豪校がひしめいています。

大阪の高校の層の厚さが見てとれます。

夏の大会も、大阪の高校が甲子園で活躍する姿を楽しみにしています。