京都府舞鶴市で開催された大相撲の地方巡業で、挨拶に立った市長が土俵で倒れるというトラブルがありました。

その際、救命のために土俵に上がった女性に対し

「女性の方は土俵から下りてください」

という場内アナウンスが数回流れることに。

この女性は医療関係者ということで、善意の人でした。

大相撲では「土俵は女人禁制」というしきたりがあるようです。

しかし、人命救助よりも重要な伝統やしきたりが存在していてもいいのでしょうか?

日馬富士問題や貴乃花親方騒動など、何かと世間を騒がせている相撲協会です。

今回の件も、少し考え直したほうがいいのではないかと思います。