森友問題。

もう聞きたくも見たくもないという人もいると思いますが…。

本日、森友学園へ土地を売った8億円の値引額の根拠となっていたゴミについて、

「たくさんのトラックを使って、ゴミを撤去しておいたことにしてほしい」

と、財務省が森友学園側に口裏合わせをしていたことが判明しました。

財務省のエリート達はどうかしてしまったのでしょうか?

職業倫理や道徳のかけらもありません。

公文書改ざんやら、口裏合わせ。

佐川氏の刑事訴追は当然のことだと思います。

決して、風化させることなく、財務省はすべてを明らかにしていく必要があると思います。

そして、本問題のラスボスは、天下の財務省がなぜここまでしなければならなかったのか、という点をクリアにすることです。

ただ、これらは、財務省の独自調査や国会討論で明らかにするのではなく、第三者機関が集中的に調査すべきことであり、国会では、もっと他の重要テーマを議論していただきたいと思っています。

・北朝鮮の拉致問題(被害者家族の高齢化のため時間がない)
・少子高齢化対策(年金問題、セーフティネット、運転免許返納)
・過疎化対策(空き家問題、医師の偏在、限界集落)
・経済対策(デフレ脱却、成長戦略)

まだまだ問題は山積みです。

いかがでしょうか。