日銀の黒田総裁が進める2%の物価上昇の目標達成。

物価が少しずつ上昇してきているのは事実ですが、目標達成には、まだほど遠い状況です。

量的緩和が限界に近づき、金利もほぼゼロに抑えている中で、これ以上、日銀に有効な策は見当たりません。

時間をかけて、国民の消費、つまり景気拡大を待つしかないのです。

しかも、悲しいことに、デフレを脱却するために、物価が上昇しても、肝心の給料が全く上がってきません。

給料さえ上がれば、経済の流れは回復するのでしょうが、給料が上がらない今、物価が上昇しても、国民のほとんどは喜んでいません。

これでは国民の消費も伸びないでしょう。

喜んでいるのは、安倍首相が大好きな大企業経営者だけです。

トランプ大統領のゴタゴタにより、世界経済も雲行きは怪しいです。

この先、日本の経済は、一体どの方向に進んでいくのでしょうか。