いろいろ問題を抱えながらも、長期政権となっている安倍政権。

その強みは、北朝鮮政策をはじめとする外交にありました。

アメリカのトランプ大統領を支えつつ、ロシアのプーチン大統領とも交渉できる。

こんなことができるのは、安倍総理だけで、他の人や政党ではマネできないと言われてきました。

しかし、最近、この安倍政権の強みである外交が揺れています。

今までは、トランプ大統領と歩調を合わせて

「北朝鮮には、対話より圧力」

と主張してきたのに、平昌オリンピックを境に、トランプ大統領が米朝首脳会談に舵を切ったため、日本は取り残された形になっています。

近隣諸国が対話路線をとっているのに、平和主義を掲げる国家である日本だけが圧力の方針のままでいくのか、日朝首脳会談にもちこむのか、安倍内閣は、非常に難しい選択を迫られていると思います。

国内の森友問題や加計問題、日報問題で揺れている場合ではないと思うのですが…。

これらの問題は、もう潔く認めた上で、正念場となっている外交問題、そして、国内の他の問題のほうに力を入れてほしいと思います。