世間を騒がせているアメリカンフットボールの事件で、関学大の選手を負傷させた日大の選手が記者会見を開きました。

所属している日大が主催したものではなく、自分の意思で真実を明らかにしたかったとのこと。

反則行為自体は許されるものではありませんが、顔を出して、誠実に話す姿は立派だと感じました。

最近、誠実な会見が少ないからでしょうか…。

「アメフトを続けますか?」

「自分にはその権利がありません。アメフトを続ける気はありません。」

なんか、かわいそうな気もしてきました。

「そこに自分の席があるなら、アメフトに戻りたいです…」

どこかのアイドルの会見のように、このような受け答えにならなくてよかったです。