世間が日大のアメフト問題で騒がれています。

そんな中、しれっと、森友問題の交渉記録が公になったようです。

財務省と森友学園の交渉の経緯がわかる生々しい資料とのこと。

しかし、政府与党としては、アメフト問題の影に隠れて、目立たない、いいタイミングだったのではないかと思います。

あってはならない事件に対して、真実を明らかにしないといけないという点においては、日大のアメフト事件は重要だと思います。

しかし、政府がやらかしたモリカケ問題はさらにタチが悪いと思っています。

日大アメフト問題はまだ数日・数週間、騒がれているだけですが、モリカケ問題は、我々の税金を使って、もう1年以上も不毛な議論が続けられています。

この責任は誰が取るのでしょうか?

そして、この先、誰が明らかにしてくれるのでしょうか?

モリカケ問題はもううんざりだという声もあります。

しかし、マスコミは優先順位を考えて報道してほしいと思います。