働き方改革関連法案が衆議院を通過しました。

この働き方改革には、高度プロフェッショナル制度(高プロ)の創設が含まれています。

高プロとは、簡単に言えば、年収の高い一部の職業の人について、労働時間の規制の対象から外すというものです。

ようは、一部の人は、生産性を高めなければ、残業し放題になるというものです。

現在は、高い年収の人だけに限られていますが、段階的に、普通の人にも拡大されていき、過労死を助長すると危惧されています。

考え方は分からなくもないですが、現時点では、過労死が増える可能性も高いザル法案です。

法案の内容はさておき、またしても、与党の賛成多数での強行採決でした。

最近、強行採決が多いですよね。

過労死遺族の会との面会も拒絶した安倍首相。

国民への丁寧な説明はどこへ行ってしまったのでしょうか。