自民党が、国会議員の議員定数を6人増加させる法案をこっそりと提出したいようです。

いつもは、反対意見を言う自民党の大物議員も、自分の選挙区のことなので、異論はないとのこと。

ちなみに、6人増やすと、自民党の議員が増え、憲法改正に近づくことになります。

もう、自民党はやりたい放題ですね。

私は、この姑息なやり方には反対なんですが、議員定数を増やすことに異論はないんです。

ただし、議員にかかる予算は同じという条件がつきますが。

すべきことをきちんとやってくれる国会議員は必要だと思っています。

これにより、田舎の議員の人数を少しでも増やし、東京一極集中を少しでも解消できたらいいと思っています。

しかし、今回のやり方は、国民を置き去りにしています。

もっと、建設的な意見交換はなされないものなのでしょうか…。