現在、民泊は、東京都の一部や大阪で実施されています。

しかし、2018年6月15日からは、全国に解禁されることになります。

これによって、全国の民泊事業が活性化するのかと思いきや…

事業者の登録はかなり低調のようです。

まだ全国でも、届出は700件程度とのこと。

民泊ゼロの地域もあるようです。

民泊事業者が増えない原因は、なんといっても、厳しい規制煩雑な手続きです。

不動産賃貸業をして家賃収入を得るほうが楽なのでしょう。

空き家問題も民泊推進も、不動産関連の問題は、前途多難のようです。