私は、約20年間、会社員としても、フリーランスとしても、コンサルタントという職業を続けています。

顧客が喜ぶ顔を見るのは楽しいですし、自身のスキルを高めるのも好きだからです。

しかし、コンサルタントのスキルというのは、大変、奥深いです。

誰がどんなスキルを身につけ、何を売りにしているのかを考えるだけでも興味深いものがあります。

今回は、コンサルタントが必要とするスキル構造について、見ていきたいと思います。

勤務コンサルタントのスキル構造

一般的な話になりますが、コンサルタントのスキルは2階建て構造になっていると言われています。

まず、ベースとなる1階部分を見ていきましょう。

これは、

・コミュニケーション能力

・語学力(英語)

・ロジカルシンキング

・パソコンや携帯などのITスキル

・決算書を読むスキル

など、コンサルタントを名乗るにあたって、誰もが必要となるスキルです。

世の中には、さまざまなコンサルタントがいます。

そして、この1階部分の能力は、コンサルタントであれば、誰もが備えていると思われます。

スポーツ選手で言えば、基礎体力に相当するのでしょう。

このスキルはシンプルに見えますが、実は身につけるのが相当難しいものです。

今日明日、勉強したからといって、習得できるものではありません。

しかし、悲しいことに、この1階部分のスキルは、アピールポイントにはならないというのが現実です。

備わっていて当たり前のスキルだから、アピールしても仕方がないのです。

逆に、アピールすべきは、次に紹介する、2階部分のスキルです。

これは、

・財務会計

・在庫管理

・生産管理

・人事管理

・物流管理

・システム開発方法論

・データ分析

など、固有の専門性になります。

多くのコンサルタントは、1階部分のベーシックスキルを備えた上で、自身の強みとなる2階部分の専門性を高めていくことになります。

これは、ソリューションでも、業界の知恵でも、事例・経験でも構いません。

コンサルタントは、さまざまなプロジェクトを経験することで、自分しか持っていない専門性を築いていくのです。

この2階部分が、誰にも負けないくらいの非常に突出したものであれば、1階部分に弱点があっても、コンサルタントとしてはやっていけるでしょう。

例えば、英語が多少できなくても、物流管理の経験が20年あれば、仕事には困らないはずです。

しかし、普通は、オーソドックスに、1階部分のスキルを固めた上で、2階部分のスキルを高めていくことになるでしょう。

起業コンサルタントのスキル構造

今までは、コンサルティング会社に勤務しているコンサルタントのスキル構造について、見てきました。

しかし、フリーランス、特に、法人を立ち上げ、自分で運営している独立コンサルタントは、さらなるスキルが必要となってきます。

従来の1階部分と2階部分のスキルに加えて、更地を整備するようなスキルが必要となってくるのです。(便宜上、これを0階部分のスキルと呼ぶことにします。)

例えば、法人を立ち上げる時に、

・法人の作り方

・社会保険加入の要件

・自宅事務所を社宅にして経費化する方法

・定款の書き方

・個人事業主と法人との相違点

・仕事の取り方(具体的な営業方法)

・創業融資のテクニック

・役員報酬の配分

・節税対策

・消費税対策

・経費の使い方

など、会社員時代には、考える必要のなかったテーマについて、自分できちんと考えていく必要があるからです。

いくら2階部分のスキルで、企業会計について詳しくても、自分の節税や融資のテクニックについては、あまり知らないという人は多いのではないでしょうか。

自分のまわりのことで言えば、相続や保険や年金についても、しっかりと考えておかなければなりません。

ただ、この0階部分は、一度、知っておくだけでいいです。

経験こそがすべてです。

実際に、法人からお金がなくなっていく感覚や、個人の銀行口座に税金をかけずにお金を移していける感覚は、経験しないと味わうことはできないでしょう。

以上の点から、起業して独立コンサルタントを営んでいる人は、非常に多くのスキルを保有しているのではないかと認識しています。

ただ、敢えて、独立コンサルタントの弱点を言えば、0階部分と1階部分のスキルは充実しているはずですが、2階部分のスキルは、個人で吸収するためには限界があるため、最新事情についていくことが難しいのではないかと言われています。(大手コンサルティング会社に勤めていれば、最新のソリューションが嫌でも頭に入ってきますので…。)

コンサルタントを選定するときの参考になればと思います。