今回は、短編記事です。

「産業革命」を30秒で解説していきたいと思います。

産業革命とは

産業革命とは、産業が発展することによって、社会が変わっていくことを言います。

現在を含め、過去には、4回の産業革命があったと言われています。

第1次から第4次まで、さくっと見ていきましょう。

第1次産業革命(工場・機械)

第1次産業革命は、18世紀から19世紀前半にかけて、イギリスで始まりました。

紡績機や蒸気機関など、工場機械が導入されることにより、産業は飛躍的に発展しました。

第2次産業革命(エネルギー・大量生産)

第2次産業革命は、19世紀後半のことでした。

石油やエネルギーといった電気機械の登場により、軽工業が重工業に発展し、大量生産が可能になりました。

第3次産業革命(パソコン・インターネット)

第3次産業革命は、20世紀におけるコンピューターとインターネットの登場です。

デジタル革命や頭脳産業の到来と言われ、我々の生活にも深く影響してきました。

今では、スマホやパソコンインターネットのない生活は考えられないのではないでしょうか。

第4次産業革命(IoT・人工知能)

2010年代以降、IoT人工知能などの技術の発展により、ビジネスの常識が変化してきています。

これが第4次産業革命と言われています。

すべてのモノがインターネットにつながるIoT、人間の仕事を奪うかもしれない人工知能の急激な発展。

我々人間の働き方が大きく変わろうとしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

産業革命は4つ存在していて、今まさに、4つ目の産業革命の時代になっていることがお分かりいただけたと思います。

最近は、特に進化が目覚ましいと感じます。

20年前、スマホはなかったですし、10年前、SNSは未知の存在でした。

10年後、我々はどのような時代を生きているのでしょうか。