本日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年の路線価が公表されました。

ホテル開発や不動産投資が盛んであることを追い風に、3年連続で上昇、私の住んでいる大阪も5年連続で上昇ということでした。

やはり、訪日外国人(インバウンド)の増加による需要拡大が大きいものだと思われます。

大阪の中で見ても、キタ(梅田地区)よりもミナミ(心斎橋・なんば・天王寺)のほうが勢いづいているという現象も続いています。

私は、キタもミナミもどちらも、よく歩きますが、特に、ミナミは、昔と比べると、別世界ですね。

外国人の数がものすごく、お店も、ほとんどが、英語だけでなく、中国語で表記されています。

文化やマナーの問題など、賛否両論はありますが、大阪万博に向けて、外国人の方々と大阪人が、うまく融合していければ、楽しい街になっていくと思います。

がんばろう、大阪!