最近、オムニチャネルが拡大してきています。

オムニチャネルとは、リアル店舗、インターネット、カタログなど、それぞれのチャネルの違いを顧客が意識することなく、商品を探したり、購入したりできるようにする考え方のことを指しています。

単純にチャネルがたくさんあるということだけではなく、

「顧客が意識することなく」

という点が重要です。

オムニチャネルが確立されていると、購入した商品を自宅に配送してもらうときに、いちいち住所を記入しなくても、ネットのアカウントを通じて、荷物を送ってもらうことができるようになります。

オムニチャネルをデザインするためには、物流、販売、マーケティングといったさまざまな組織が、部門横断で業務改革に取り組んでいく必要があります。

まさに、新時代のサプライチェーン改革だと言えるでしょう。

話は変わりますが、2000年代に、アフィリエイトが流行りだしてきた頃、同時期に、ドロップシッピングという副業が流行りましたよね。

ドロップシッピングは、オムニチャネルという意味では、先駆けでした。

”副業をしたい個人が、在庫を持つことなく、価格を自分で決めて、インターネット上で商品を販売する”

顧客から見ると、ネット店舗と何ら変わりはありません。

ドロップシッピングは、悪徳業者などが横行し、一時期に比べると、人気は落ちてきたと言われています。

しかし、ドロップシッピング業者は淘汰されていきました。

今後は、しっかりとしたドロップシッピングビジネスが確立し、会社単位でのドロップシッピングなど、オムニチャネルを反映させた新しいビジネスモデルが、どんどん発展していくのではないでしょうか。