大塚家具がもがき苦しんでいます。

時はさかのぼり3年前。

創業者である父と、その娘の経営権争いの結果、娘が勝利したのは記憶に新しいところだと思います。

敗北した父は幹部を引き連れて、新会社「匠大塚」を設立しました。

匠大塚は、大塚家具の創業地である春日部に本店を構えるなど、真っ向から戦いを仕向けました。

大塚家具は、娘による経営をスタートさせましたが、親子ゲンカによるイメージダウンは払拭できませんでした。

高級家具路線を踏襲したがっていた父の戦略と、イケアやニトリのような中価格帯で勝負したがっていた娘の戦略。

最初は、後者が成功したかのように見えました。

しかし、大塚家具のこの3年間を評価すると、ありえない赤字の連続。

いよいよ、自力での再生は難しくなり、某貸会議室の大手が経営再建に乗り出すとかなんとか。

娘は引き続き経営権を保持したがっているようですが、経営責任を免れることは難しいでしょう。

最近の報道では、娘の戦略は間違っていて、父の戦略が正しかったかのように報道されています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

まずは、娘の経営戦略から見ていきましょう。

高価格帯だけでなく、中価格帯の顧客を取り込もうとした方向性は理解できます。

しかし、従来の高級路線のブランドや富裕層の顧客をないがしろにして、単に中価格帯に移行しようとした点が敗因だと考えています。

「大塚家具=高級家具」

というブランドが中途半端なものとなり、顧客離れを引き起こしました。

中価格帯に、勢いのあるライバル企業がいて、そこでは後発となること、さらに、親子ゲンカというマイナスイメージが、顧客離れを加速させました。

自社の従業員のモチベーションも低く、悪のスパイラル状態に陥っていることは誰の目にも明らかです。

では、父の戦略はどうでしょうか?

大塚家具の確立されたブランドは維持することができます。

しかし、現在は、モノを所有することがなくなってきている時代です。

家も車も家具も、持たない若者が増えてきています。

高級家具の市場そのものが時代にそぐわなくなってきているのです。

イケアやニトリ、良品計画などで安く済ませようという顧客も増えています。

この大きな市場変化の中、大塚家具の業績が傾くのは当然のことだと思います。

匠大塚も、既存顧客を維持することはなんとかできたとしても、この先、新規顧客を取り込むことは難しいでしょう。

ようは、どちらが舵をとっても、うまくいかなかったのです。

1人会社ではありますが、私も経営者ですので、理論だけでなく、利益を出し続ける難しさは理解しているつもりです。

一度、成功した「大塚家具=高級家具」というブランド・モデルを簡単に変更することはできません。

ただ、外部環境は常に変化し続けていますので、硬直的なブランドだけで利益を出し続けるのは至難の技でしょう。

父も娘も、昔の成功体験を引きずって、損切りができない性格なのだと思います。

傷口の大きくなかった3年前に、

・親子がきちんと仲直りする
・父は高級家具路線で既存顧客基盤を固める
・娘は中価格帯での新規ブランドを立ち上げる
・貸会議室や住宅・電機メーカーとの提携により、縮小市場のリスクヘッジをはかる

などのアクションがとられていれば…

大塚家具は、今ほど混迷していなかったのかもしれません。