2018年夏、甲子園の第100回の記念大会。

大方の予想通り、北大阪代表の大阪桐蔭高校が、圧倒的な強さで優勝しました。

今までに誰も成し遂げたことのない、2度目の春夏連覇です。

私も、大阪府民ですので、(北)大阪地方大会から見てきましたが、やはり強かったですね。

1度だけ、地方大会での履正社高校との試合は、あと1アウトで負けるという大苦戦でしたが、他は、本当に圧倒的な試合が多かった気がします。

柿木君、根尾君、藤原君、中川君、山田君…。

こんなスター選手が、同じ時代に1つのチームに集うことは、向こう数年の間はないでしょうね…。

あと、甲子園を盛り上げてくれたのは、なんといっても、準優勝の秋田県代表の金足農業高校です。

県立高であるにもかかわらず、エースの吉田君を中心に、本当に感動を与え続けてくれました。

本当にどうもありがとうございました!

今となっては、幻の試合ですが、準決勝と決勝の間の日程が、もう少し空いて、お互い万全の状態で決勝戦が行われていたら…

また違った展開になっていたのかもしれませんね。

近年、ビジネスの世界でも、

「会社のために残業してとことんがんばる!」

といった根性論が否定されつつあります。

効率化・合理化が、強く叫ばれるようになってきているのです。

高校野球の世界も、青春や根性論といった、エースの熱闘・孤軍奮闘は見ていて感動します。

しかし、勝ち続けるという意味においては、効率的かつ合理的な戦い方が求められつつあるのかもしれません。

少なくとも、ビジネスの世界で、ひとりのエースが連投で徹夜を強いられることは、今後減っていくでしょう。

私立と公立で、公平性は欠きますが、最低限、複数の投手で勝ち抜いていくことは、今後、必要条件になってくるのかもしれません。