先日、プロ野球のセ・リーグで、阪神タイガースの最下位が決定しました。

投手の調子も上がらず、若手も伸びず、打線も外国人を筆頭に貧打が続きました。

ここ数年、阪神タイガースは、投手力の優れた上位を狙えるチームであっただけに、今年はどうしたのだろうという思いでいっぱいです。

阪神タイガースの最下位の話題で、ふと気づいたことがあります。

「今年の大阪はどうなっているのか?」

という点です。

①北摂大地震で、多くの家が損害を受けた

②西日本豪雨の長雨で、土砂災害が頻発した

③関西空港をはじめ、台風で大きな被害を受けた

④富田林警察署から、樋田容疑者が脱走・逃走した

⑤阪神タイガースが最下位となった

ざっと、思い浮かべただけでも、今年の大阪には、これだけ不幸な出来事があります。

もっと言うならば、

①②③の影響により、運動会などのイベントの予定が大幅に狂った

④の影響により、近隣住民の人たちは大きな恐怖を覚えた

といったこともありました。

一体、今年の大阪は、どうなっているのでしょう?

今年も残り3ヶ月を切りましたが、年末に向けて、大阪に何か嬉しいニュースが訪れることを祈っています。