消費税が10%に上がることに関して、一部の贅沢品だけ軽減税率を適用し、8%のままにすることがほぼ決まりました。

いいことじゃないか!

いやいや。そんなに単純な話ではありません。

これが大きな混乱を招いているのです。

日本政府や財務省のえらい人たちは、税収を上げたいだけなんでしょうけど、コンビニや外食産業は困惑しています。

よく言われている例を挙げます。

マクドナルドでコーヒーを買って、店内で飲んだ場合、ぜいたくな外食とみなされ、10%の消費税がかかります。

同様に、マクドナルドでコーヒーを買って、お持ち帰りにすると、外食ではない生活必需品ということで、8%の軽減税率が適用されます。

同じコーヒーなのに、その人の消費の仕方によって、税率、つまり、あなたが支払う金額が異なってくるのです。

マクドナルドでよくある、セット品や景品のおもちゃなどはどうなるのでしょう?

別の例を見てみましょう。

最近、コンビニの中で食べるスペース(イートイン)をよく見かけますよね。

コンビニで買ったものを、イートインで食べれば10%、お持ち帰りにすると8%になります。

すると、ほとんどの人は、お持ち帰りにすると言って8%にして、あとで、イートインに戻ってくることも考えられますよね。

国民全員が2%のためにウソをつくという、嫌な世の中になりそうです。

そもそも、今の時代に、

「外食=ぜいたく」

という前提がおかしいのではないかと思います。

回転寿司や牛丼屋などの外食産業は、安くて高い品質のものをサービスしようと、日夜がんばっています。

自宅で手間ヒマかけて自炊するよりも、外食したほうが安いケースもあります。

外食産業だけぜいたくだ!

と言われるのも、なんとなく違和感があります。

消費者も混乱しそうですが、お店の現場で働いている人が一番不幸でしょう。

我々日本人でも理解できないような軽減税率について、言葉の苦手な外国人の人はレジを担当できるのでしょうか?

私がお店のオーナーだったら、100円のコーヒーは店内消費もお持ち帰りもどちらも110円(税率10%適用)にすると思います。

本来なら、お持ち帰りは108円(軽減税率適用)ですが、お持ち帰りの容器代ということで2円高くするのです。

すると、買う側から見れば、すべて110円となり、シンプルです。

2%のウソをつく必要もありません。

ただ、その場合でも、混乱を避けるために、どさくさに紛れて、値上げしているだけなんですよね…。

消費者が混乱しないようにするか、苦渋の値上げに踏み切るか…。

悩ましいところです。

とりあえず、市場全体としては、お店の中で食べるお客さんが減り、お持ち帰りのお客さんが増えることは間違いなさそうなので、容器メーカーの株価は上がるのかもしれません。

逆に、外食産業は、店の中でなんとなく注文するようなもの(アイスクリームやポテト、おつまみ等)の売上は減ると思われるので、売上は少しずつ減っていくことになるでしょう。

これらを利用して、ビジネスチャンスでも考えてみるか…。